DIARY- ダイアリー -

もうすぐお引き渡し

四日市市 日永の現場がもうすぐ完成お引き渡しです。

今回はZEH(ゼッチ)の補助金申請をしています。
断熱等の仕様はいつも通りで全く問題無いのですが、ZEHは太陽光を載せないと
適応されないので、普段はZEHありきの計画はしていません。

今回は住まい手さんのお友達に太陽光発電を施工するお仕事をされている方がおみえで、
ではせっかくなので、と申請をすることになりました。

 

このアングルから眺めていて
「そう言えばこの視点でパースをつくって、HPにも昔載せたな…」と思いだして探してみました

これこれ。記事はこれです

中庭を囲むことのメリット

 

上の画像2つを見ても分かるように、当初からプランはほぼ変わっていませんね。
(写真をパースと同じ横アングルで撮れば良かった…)
仕上げ素材の仕様等は最近の物件と少し違って、逆に新鮮?だったりします。

 

敷地の高低差に合わせ、建物内にもレベル差を設けたスキップフロアのプランです。
住まいを見渡す奥様のワークスペースも陽が入って良いですね。

 

ブログの日付を見ると2017年の2月。もう少しで2年前になるんですねー。

資料を見返すと、初めてお会いしてプランしたのは2年とちょっと前でした。
色々な会社さんを比較検討されてみえたので、途中ぽっかり空いていましたが
図面が出来上がってからも、工事の予定が立て込んでいてお待ちいただいてしまったり…

当時はほとんどの作業を1人でおこなっていて、お待たせして申し訳無かったのですが、
そのことについて文句どころかこちらの体調をお気遣いいただいて…本当に有難かったです。

 

この内容は現地で残りの作業を確認しがてら、室内環境の確認中。
外気温は8℃、室内はエアコン1台で家中21℃  快適です。

21℃では低いと思われるかもしれませんが、家中の床/壁/天井が同じ温度だと
21℃で全く寒くありません。床下エアコン近くのリビングやキッチンの床は24℃
近くになるので緩い床暖房のように暖かく感じます。
体感しないと分からないんですよね、これは…。
お引き渡し済みの方の住まいを見学させてもらうように頼んでみようと思います!

お会いした当初に比べ、試行錯誤して改良を重ねている床下エアコン暖房
エアコンは8畳〜10畳用と言われる2.8kwのエアコン1台で40坪弱の建物を暖めています。
(エアコンの畳数表示は【きちんとつくった建物】ではあてになりません)

 

時間はかかってしまいましたが、住まい手に似合う良い住まいが出来たと思います!
開放的で快適な住まいで、明るく幸せな暮らしが送れますように。


DIARY 一覧へ

お問い合わせ CONTACT