DIARY- ダイアリー -

住まいへご案内

Instagramには載せていましたが → 棲栖舎 桂  Instagram アカウント

この冬は見学会を開催する余裕が無く
(本当は冬に暖かい建物を是非体感してもらいたいのですが…)

ご希望いただいた方々を数組、個別にご案内しました。

 


大安の棲家

非常に良い空間になっています。
いつも通り、床下エアコン一台で家中暖かい。

「本当に暖かくなるの?」と言われた訳では無いですが、
検討中の方をお連れして体感していただきました。

「本当に暖かくなるんだ…」という顔をされていたので、良かったです。笑

 

庭の池で鯉に餌やり(凄い環境ですよね)

施主さんの息子さんが、将来の施主さん(候補)の息子さんにレクチャー中。

 

 

同業者さんもお越しになられました。

愛知県の設計事務所さん(3名)と、工務店の社長さん

設計事務所さんも工務店さんも、結構有名な方で、前々から尊敬している方です。

賞を取ったり、雑誌掲載も多いですし、誌面でコラムを連載されたり。

だから(メディア露出が多いから)尊敬している、という訳では勿論無く。
そのような立ち位置の方なのに、比べればもの凄く若造なうちのようなところへ「見学させて欲しい」と尋ねて来られるって凄いことですよね…。

様々なことを貪欲に追求されている姿に、身の引き締まる思いです。

 

こちらからは、主に断熱・気密・防湿・構造の説明をさせていただきました。

 

設計事務所の中には気密を何となくで毛嫌いされているような方がたくさんいます。(大半がそうかも?)
無断熱な建物ならまだしも、多少でも断熱をするなら気密防湿はセットにしなければいけないと思いますが…

見学に来られた方は、そういった設計事務所の目標とされる立場の方。
そういった方こそ、よく勉強されるんだなー。と思いました。
(偉そうな言い方ですみません)

 


(話しの流れと無関係に、ファミリークローゼットと奥様スペース)

 

工務店さんもいたので、手間がかかると思いがちな気密施工に関して(偉そうにも)ご説明を。

・事前にこうしておかないともの凄く手間がかかってしまう。
・こうするだけでかなり施工しやすくなる。

というポイントがあるんです、気密施工って。
あまりポイントを抑えずにやってしまうと、様々な処理が複雑になります。
処理が複雑になるほど、ミス(漏気)が起こり、気密測定しても良い数値が出ません。

高気密っていうのやってみたけど、めちゃくちゃ手間(お金)がかかった上に
大して良い数字も出ず…もうやりたくない!

という工務店さん、実は多いと思います。
処理がしやすいよう、施工計画を考えた設計が非常に大事です。

同業者で勉強会なんかもしたいですね。
良い住まいが増えるように!

 

他にも工事中の菰野のリノベーション現場や、
よっかいち矯正歯科医院さんも見学させていただきました。

 

何よりも、見学のお願いをすると二つ返事で快くご了承いただける住まい手さんのお陰です。
皆さま、ご協力心より感謝いたします。
今後ともご協力の程、宜しくお願い申し上げます(^^ゞ笑


DIARY 一覧へ

お問い合わせ CONTACT