DIARY- ダイアリー -

断熱改修 フルリノベーション 完成見学会 @菰野町

 

住まい手のご厚意により、7/27(土) 28(日)の二日間
三重郡菰野町にて完成した住まいの見学会を開催させていただきます。
(見学会概要はこのページ下部に記載しています)

 

完成間近のLDK眺め
この木製建具越しの眺めは凄いですよー。
あえて養生シートでモザイク状態を掲載。笑

無垢の杉桧で仕上げた内観と、外の緑の眺めが繋がるように設計した空間を
是非、写真ではなく実際にご覧になってみてください。

 

下記、物件概要です。

断熱改修 フルリノベーション

今回は新築では無くリノベーションです。
ただし、構造躯体と外壁下地のみを残してフルスケルトンまで解体し
仕上げや間取りも一から再構築し直しています。

ので、見た目は完全に新築です。
新築をご検討の方にも是非ご覧いただきたいと思います。
(こちらが言わなければリノベーションだと見抜ける人はプロでもほぼいないと思われる仕上がりです。笑)


内部解体後


床下の防湿施工(この後 土間コン打設)

 

壁は高性能グラスウール裸品の上に調湿気密シート施工、
更にその上からXPSという断熱材を追加して
一般的な新築住宅以上の断熱性を持たせています。


高性能グラスウール裸品充填状況


調湿気密シートで室内から壁内に湿気が入らず、外からの隙間風も外部側で防ぎます。


さらにその上からXPS(押出法ポリスチレンフォーム3種B)で付加断熱

このあたりのことは以前かきました
断熱改修フルリノベーション
(マニアックなことを長々と書いているので閲覧注意です…笑)

 

 

見えなくなる部分はきっちりと。

 

そして、

見える部分もしっかりとつくりましたよ。

 

 


リビングの天井です。
熊野の桧。
綺麗です。

 

外と中を繋げる窓は、ドイツ製金物で隙間の出来ない高性能木製建具と
樹脂窓を使い分けています。
(大事なところは木製建具、あまり見えない部分は樹脂窓、という具合)

 

室内の壁天井の大部分は漆喰塗り。
施主さんが中心となり、皆さんの手で塗りあげました。

塗った直後です。今は乾いてもう少し落ち着いた表情に。

 


外壁は昔ながらの三角焼きされた天龍焼杉をはりました。
焼きが深い。
バーナーで焼かれた一般製品とは一味違う表情です。

 

外壁は焼杉と左官仕上げで仕上げています。

その他にも色々とこだわって仕上げていますので、
是非現地でご覧ください。

 

 

【見学会概要】

日時:7/27(土) 10:00〜18:00
7/28(日) 10:00〜18:00
場所:三重県三重郡菰野町大字千草

27(土)のみオーダーキッチンのキッチンマインドさんも参加します
オーダーキッチンについてお話しを聞いてみたい方はお早めにご予約ください

 

建物概要:鉄骨造二階建て(リノベーション)

床:三重県熊野産 無垢杉浮造り
壁:漆喰塗装仕上げ
天井:漆喰塗装仕上げ、三重県熊野産 無垢桧小幅板風
外壁:焼杉板、左官仕上げ

オーダーキッチン
高性能木製建具
高断熱高気密
床下エアコンetc…

 

 

見学はご予約制とさせていただきます。
見学をご希望の方は下記内容を確認・記載の上、
CONTACT(お問い合わせ)フォームからご予約をお願いいたします。

ご予約状況確認後、時間の決定(調整)と現地案内図等のご案内をお送りいたします。

 

 

【ご予約時にお知らせいただく内容】
・お名前
・メールアドレス
○見学希望時間(予約状況により調整をお願いする場合があります)
○お電話番号(当日連絡が取れる携帯等)

○住所(地図送付の為)

CONTACTからご予約いただく場合、○印の内容は【お問い合わせ内容】欄にご記入ください。
お知らせいただいた情報で営業活動はいたしませんのでご安心ください

※同業者の方で見学希望の方は別日で案内日を設定しますのでお問い合わせください。
(27,28日の見学は建築をご検討の方限定とさせていただきます)

 

 

-以下 必ずご確認ください-
・各時間毎にご案内する人数を制限させていただきます。
ご予約状況により、見学の時間調整をお願いさせていただく場合があります。
・こちらでご用意した手袋、スリッパの着用をお願いいたします。
・鞄をお持ちの場合は入り口にてお預かりいたします。(貴重品の管理をお願いいたします)
・段差がある箇所があり、自然素材の仕上げが多く建物保護の観点からも、10歳以下のお子様が同行する場合は必ず手を繋ぐか抱っこをしてのご見学をお願いいたします。
守っていただけない場合は大変恐縮ですがご退出をお願いする場合があります。ご了承ください。

住まい手のご厚意で大事なお住まいを見学させていただきますので
ご理解とご協力をお願いいたします。

 

ご不明な点は、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。
皆様のお越しをお待ちしております。


DIARY 一覧へ

お問い合わせ CONTACT